ウーバーイーツ

ウーバーイーツ配達員のためのオススメバイク7選

どうも、 ニノマエイチ(@snkazuwriter)です。

ウーバーイーツ配達員のためのオススメバイクをご紹介します。

※”配達員をするためだけに”バイクを買うのはオススメいたしません。

人気ナンバーワン、PCX

pcx hybridから引用

HONDAのPCXは、国内人気ナンバー1のスクーターです。

ウーバーイーツ配達員の間でも、この車種を載ってる人は多いです。

その人気さは衰えることがなく、中古販売でも価格が高値で推移しています。

画像は2018年に発売されたPCXのHYBRIDモデル。

HYBRIDモデルと通常モデルの違いは、

加速性能が違います。

HYBRIDを導入することで、加速がスムーズになるようで、

ストップ&スタートが多い都会での走行ではかなり重宝されそうです。

ウーバーイーツの配達も比較的に大都市がメインになりますので、

PCXは通常モデルよりもHYBRIDモデルがオススメです。

その代わり、やはり価格面では高くなります。

他の違いでは、通常モデルのほうがメット入れの容量が大きいということです。

もともとはPCXはメット入れの容量の大きさも人気の一つでした。

その人気の一つの部分を削る形で、HYBRIDが導入されています。

モノを入れることが多い人は通常モデルがオススメです。

しかし、リアボックスをつけることで、容量の心配は消えると思われます。

リアボックスはこういう感じのやつ!


GIVI(ジビ)【イタリアブランド】 トップケース/リアボックス E300NT2 TECH 91507 高性能&スタイリッシュデザイン


キジマ(Kijima) リアボックス 50ℓ K-22 最大積載量3㎏ ブラック/ブラック 908-009


GIVI(ジビ)【イタリアブランド】 モノロックケース(トップケース/リアボックス) パールホワイト 汎用ベース付き 37L B37B912 78036 高性能&スタイリッシュデザイン

ウーバーイーツ配達員には重宝する機能がもう一つあります。

PCXはスマートキーのため、バイクの乗り降りでのキー操作が、

めちゃくちゃ楽!!

乗り降りが多い配達員には絶対オススメです^^

とはいえ、PCXはその人気さゆえに、

”盗難件数も多い” という事で、気をつけるようにしてください。

PCXに似てる!?NMAX

NMAX から引用

YAMAHAのNMAXです。

どことなくPCXのデザインと似ている感じ。

PCXとNMAXで購入を悩む人は多いようです。

個人的にはNMAXのほうがデザインは好きなのですが、

スマートキーがありませんので、

よりウーバーイーツ配達員向けはどちらか?といわれれば、

PCXかなー?という印象です。

NMAXを買った人はNMAXを推しますし、

PCXを買った人はPCXを推します。

特段、スマートキーやハイブリッドシステムに興味がない人でしたら、

ぶっちゃけ、価格で選んじゃってもいいのではないかな、と思います。

メーカー推奨価格と店舗価格は違いがありますし、

わざわざ新車にこだわりがない場合は、中古でもいいと思われます。

安定性重視のトリシティ

トリシティ から引用

YAMAHAのトリシティです。

タイヤが3つある特徴的な車種です。

見た目からわかるように、安定性が抜群です。

どうしてもウーバーイーツ配達員をしていると、

長時間の稼動が多くなっていきます。

報酬も大事ではあるかもしれませんが、第一にすべきは安全。

トリシティはよっぽどのことがない限り倒れたりしません。

マンホールの上などは滑りやすく、二輪の場合は注意を払う必要がありますが、

トリシティの安全性からいけば、片方の前輪がすべろうとも、

もう片方の前輪で安定性を取り戻してくれます。

デメリットは、とても重いこと。

押して歩くシーンでは、すこししんどいかもしれません。

スタンダードなアクシス

アクシス から引用

こちらはYAMAHAのアクシス。

スタンダードな原付スクーターを125ccにした感じ。

比較的に軽く、収納ポケットもついてるので、街乗りには最適。

燃費も54.6/kmということで、申し分ない性能。

スタンダードかつシンプルな感じで、配達もスムーズかなという感じ。

アクシスとよく比較されるリード

リード125 から引用

こちらは、HONDAのリード125です。

アクシスとよく比較される車体。

メット入れはリードのほうが容量が大きく、

基本的なスペック自体が、アクシスより多少高め。

その代わり値段も、アクシスより5万円ほど高くなっています。

車幅がアクシスより短いので、街乗りメインだったら、

アクシスよりもリードのほうが好まれるかもしれません。

ただ、多少燃費のほうはアクシスのほうが上という感じ。

通勤バイクの決定版 アドレスV

アドレスV から引用

スズキのアドレスVは、メット入れも容量が少ないです。

・・・といきなりデメリット的な話をぶっこんでますが、

メット入れの容量が少ないというよりは、車体全体が小さいのです。

そのおかげで、かなりの小型化がされており、軽さは段違い。

125ccのなかでも人気が強い理由は、この小回りの良さです。

ウーバーイーツ配達員は、小道に入ることも多く、

小回りが利くのはかなりのメリットかなと思われます。

さらに価格も他の車体と違い、20万円を切っていてリーズナブル。

やはりその軽さからなのか、加速もスピーディ。

50cc?と思わせるような小ぶりの車体が、さまざまなメリットを作り出してくれています。

ウーバー配達員としての機能性重視でいくなら、

この車種が一番オススメになるかもしれません。

ラスト、僕が乗ってるレッツ4

レッツ4 から引用

これはリアルに僕が配達で使ってるバイクです。

今まで紹介してきた車種は125ccですが、こちらは50cc。

ウーバーイーツ配達員スレでは、125ccが断然いい!!と言われています。

・二段階右折を気にしなくていい
・スピードが出せるので配達員向き

以上が、125ccが良い!!と言われる主な理由ですが。。。

必ずしもこれがいいとは僕は思いません。

僕が50ccがいいと思う理由は、、、

・軽い、小回りが効く、だから配達で扱いやすい
・二段階右折が出来ずとも、大回りなどで対処できる
・そもそもそこまでスピード必要ない気がする

軽さがダントツです。

やはり125ccですと、スズキのアドレスといえど、97キロです。

レッツ4なら68キロ。片手で車体を浮かせれるレベルです。

それにこういっちゃ悪いですが、ウーバーイーツ配達員の報酬は、

距離換算もあります。

わざわざ大通りで二段階右折をするのではなく、軽く流して、

大回りで道を進んでいけば距離も稼げます。(ちょっとだけですが)

あと、スピードに関してですが、いくら早く走ろうとも、

信号が邪魔をします。

「「急ごう!!」」と運転していると、事故のリスクも高まりますので、

適度な速度を守ることが重要じゃないかなと思います。

なので、スピードをそこまで考える必要はないかなと。

(バイクが好きな人はスピードを考えるかもしれませんが、あくまで配達員用のバイクですので)

・・・・でも、何度も乗り換えようかなと思ったことはありました。

ですが、20万円くらいのお金を払ってまで乗り換える必要性があるのか?と考えると、

「んー、、ねえわ、、」

という感じです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

7選のうち6種類が125ccでした。

やはり人気は125ccですね。

実際、免許の取得も容易ですし、ずーっと使えますので、

125ccを持っておくのは便利かと思います。

僕がレッツ4を使っている理由は、すでにレッツ4を持っていたからです。

なので、もしレッツ4を持っていなかったら125ccを購入していたかもしれません。

しかし、わざわざ「配達員をする目的で」バイクを買うのはオススメしません。

あくまで、今後別に使う予定があり、配達員としてもやっていきたい、

という人は125ccの免許からいってみるといいかもしれません。

125ccにこだわる必要はなく、50ccでも問題ないと思います。

eats-4b6jw3 のコードを使うと、
初回注文が ¥1,000 割引になります。

4B6JW3のコードでプレゼントします!
ABOUT ME
ニノマエイチ
とあるフリーターさんの雑記ブログ管理人のニノマエイチです! 元々はソニートニュースというwebメディアでライターをしていました!・・・が、ある日予告なしに潰れてしまう事件勃発。試行錯誤の末、「まぁ自分で何かブログ書くか」という感じで立ち上げたのが、このブログです!