UberEats

ウーバーの運転手に広告収入!?その仕組みを解説

ニノマエイチ
ニノマエイチ
こんにちは!にのいちです!

Firefly という会社が、ウーバーの運転手に広告収入を与えるという、

ビジネスモデルを展開することで、25億円の資金調達をした。

・・・というニュースを見たので、解説していきます^^

ウーバーイーツでは想定されてません

始めに言っておくと、ウーバーイーツでは想定されていません。

ウーバー(車)のドライバーたち向けのビジネスモデルのようです。

(今後はどう展開するかはわかりませんが・・・!!)

Fireflyでは、ウーバーの車の屋根に広告を表示するデジタルスクリーンを提供。

そうすることで、ウーバーのドライバーは、運転するだけで広告収入を得られるという仕組み。

で、もう少し詳しく書いていくと、

例えば、「学校の近くではアルコールの広告を表示しない」

というような地域ごとにターゲティングした広告が配信可能のようです。

他にも、「広告のうち10%はNPO法人などの公益性の高い広告」

「地元のコーヒーショップなど地域に根ざした小規模ビジネスの支援」

こういったことも考えられてるようです。

広告収入を受け取る基準

誰でも彼でも、広告収入を受け取れるワケではなく、

一定の基準があるようです。

「週に40時間以上は勤務するドライバーに限る」とのこと。

確かに、デジタルスクリーンを提供してるわけなので、

週にちょこっとしか走行しない、という人でもバンバン取り付けられてたら、

手が回んないですものね。w

デジタルスクリーンを取り付けて月いくら稼げるのか?

これに関しては、

「月平均で300ドルを稼げる」

との発表があります。

ウーバーのドライバーを日ごろからしている場合は、

取り付けるだけで、ちょっとおこづかいが増える、というわけで、

悪い話ではなさそう。

ちなみに、デジタルスクリーンは無償で提供してくれるようです^^

残念ですが・・・。

今話していたFireflyは現在はカリフォルニア州でのみ展開中とのことで、

日本に来るのはまだまだ先ということになります。

・・・というかそもそも日本に来るのかすら不明w

それに日本では、ウーバーは法律的な面でクリア出来ない所があるようですし、

現在のウーバーアプリは日本のタクシー業者との提携をしているようですので、

ガラパゴス化してる感じはあります。w

(日本流の進化を遂げてる、という意味です!)

大元のウーバーが、一般人の車での配車が可能にならない限りは、

Fireflyが日本に来るのもかなり厳しいのかな?と思われます。

・・・ですが、夢はありますよね!!

\\関東ウーバーイーツ会メンバー募集中//

ラインオープンチャットの ”関東ウーバーイーツ会” を運営しています

ただいまメンバー募集中

ABOUT ME
にのいち
スキマ時間を使って食事配達しています! 50ccバイクでUberEats/MENUで活動中! 当ブログでは、【配達】【注文】についてお得な情報を交えつつ、解説していきます!その他配達員の方々向けの情報を発信していきます^^