考え事

ユーチューブが絶対にテレビに勝てない理由

どうも、 ニノマエイチ(@snkazuwriter)です。

今回はユーチューブが絶対にテレビに勝てない理由を書いていこうと思います。

ユーチューブが絶対にテレビに勝てない理由

ユーチューブは視聴者も増えていて、盛り上がりを見せてます。

小学生のなりたい職業の高ランクにもなったり、

テレビで出てた人たちがユーチューブでの活動を盛んに行ったり、

中にはメンタリストDaigoのようにテレビには出演せずに

ユーチューブやニコニコ動画といった媒体で活躍する人もいれば、

ヴァンゆんチャンネルのように、ユーチューブからテレビ業界へ

活動の拠点を移していく人もいます。

ですが、そんな盛り上がりがあるユーチューブですが、

絶対にテレビに勝てない理由があります。

ユーチューブは社会の公器にはならないから

ユーチューブの動画は、主に娯楽です。

テレビで言えばバラエティな部分が多く含まれます。

ドラマや映画的なものもユーチューブにアップされていますが、これも娯楽の範疇。

社会問題などを投げかけるものもありますが、あくまで個人の主張に留まります。

(有名な人は社会に一石を投じるようなものにもなりえますが。)

それと違ってテレビでは社会の公器としての自覚が少なからずあります。

だからユーチューブは絶対にテレビに勝てないのです。

社会の公器と存在意義は関係あるの?

社会の公器と言えば、新聞のような媒体を思い浮かべるかもしれません。

紙の上に文字が書いてあるだけの産物が、生き残っているのは、

やはり、社会の公器としての価値があるからでしょう。

社会の公器性で考えれば、新聞は強く、テレビは中程度、ユーチューブは低い、

そんな印象があります。

そういった観点から見ても、新聞の社会の公器としての自覚がなくならない限り、

存在し続けることになるでしょう。

(だからといって確実に正確な情報を毎度届けてるとはいえないですが。)

このように、存在意義として、社会の公器性というのは必要なのです。

テレビでいえば、バラエティ番組は手を変え品を変え、いろいろと変わってしまいますが、

ニュース番組などは構成などは変わっても、基本的に伝える情報の本質は変わりません。

ですがユーチューブは、そもそも存在する必要性が低いのです。

誤情報を出してしまった時

完璧な機関というのはこの世に存在しないと言っていいでしょう。

なので、いくら社会の公器だとして責任を持ってやっていたとしても、

誤情報が出回ってしまうのは仕方のないことです。

ただ、その時の対処法として、やはり公器の自覚のあるものとないものでは、

対処方法が違うのです。

新聞でしたら、誤情報の訂正文や謝罪文を掲載したり、

テレビでしたら、ニュースキャスターが番組後半で謝罪したり、

一応は公器としての立場として、なんらかの真摯なアクションを見せます。

しかし、ユーチューバーは謝罪する必要がないのです。

謝罪しちゃいけないワケではなく、あくまで必要がないということです。

ユーチューバーはこのブログと同じようなもので、

あくまで個人の感情や感想やそういったものの垂れ流しツールなのです。

だからといって、法的にヤバイものは処理されますが、

そう考えてみても、社会の公器としての自覚がなくとも、やれてしまうものなのです。

だからこそ、娯楽の域を出ない、ということです。

そもそも勝てないとはどういうことなのか?

ユーチューブは絶対にテレビに勝てない、という「勝てない」というのはどういうことか?

テレビは無くなりません。

社会の公器としての立場がありますから。

ユーチューブは無くなる可能性はあります。

だってただの娯楽だから。

こういった違いで、勝ち負けを判断しています。

社会にとって最重要、根本的に必要不可欠なのは、

ユーチューブよりもテレビなのです。

だから、テレビとユーチューブの融合だとか、

ユーチューブがこれからの時代を先取るとか、

そういった考えに染まるのは安直なのです。

そもそもテレビとユーチューブは融合する意味がないのですから。

それにユーチューブはこれからの「娯楽」は先取るかもしれませんが、

根本的には必要性として考えたらテレビのほうが強いワケです。

ユーチューブを否定してるワケではない。

ユーチューブを否定しているワケではなく、

ユーチューブがテレビの上位に来ることはありえない、ということです。

なので、テレビの補助的な部分に、ユーチューブの強さがあります。

例えばニュースや討論番組では噴出しなかった意見をユーチューバーが発信したり、

テレビで切り取った部分を、本当はそうじゃない!とユーチューバーが指摘したり、

そういったテレビの補助的な部分での存在意義はあるということです。

他にも商品のレビューだとか、テレビではやれない過激なものだとか、

そういった部分にユーチューブが付け入る隙があります。

でも、たったその程度なのです。

ユーチューブは今からやっても無駄!

MEGWINという人がこんな事を言って記事になっています。

最古参YouTuber、過激化する動画配信に警鐘「今からやっても無駄。ビジネスチャンスはない」

いろいろな収益報告動画を見たりすると、

1再生0.1円っていう目安は結構デタラメという話がありました!

なので、重要なのはいくら儲かるか?というよりも、

チャンネル登録者と視聴回数と総再生時間の3セットがクリアできるか?

が、大部分のフリーのユーチューバーで考えていくところだと思われますが、

なかなか収益化出来てないユーチューバーが多い印象です。

いくらユーチューバーが儲かる儲かるって言われていても、

供給側が多すぎて、実際はそれだけでは食っていけないユーチューバーがたくさん。

それに、収録だけでなく編集作業やマーケティングやいろいろ総合的なところを

個人的にやっていかないといけないので、かなり大変な様子。

そして、基本的に垂れ流しというワケではなく、検索されて見られるようなものなので、

視聴者もテレビに比べてまだまだまだまだ、少ない印象。

やはり、収入面で見てもユーチューブよりかはテレビに効果がありうると思います。

まとめ

ユーチューブはテレビには勝てません、

が、テレビに出れない人でもユーチューブは始められます。

敷居の高さがテレビより圧倒的に下がったユーチューブですが、

その分、参入者も増えやすい環境だと思いますので、

かなり淘汰されやすいのは明らかなのではないでしょうか。

ABOUT ME
ニノマエイチ
とあるフリーターさんの雑記ブログ管理人のニノマエイチです! 元々はソニートニュースというwebメディアでライターをしていました!・・・が、ある日予告なしに潰れてしまう事件勃発。試行錯誤の末、「まぁ自分で何かブログ書くか」という感じで立ち上げたのが、このブログです!