友人の話

コタツがブラック企業をやめた話

どうも、 ニノマエイチ(@snkazuwriter)です。

友人のコタツが今月、仕事を退職したようなので、

それを踏まえた話をご紹介します。

コタツの職場はブラック企業だった

コタツの職場はブラック企業でした。

具体的には、

休日勤務の状態があったり、

1勤務の稼動時間が30時間くらいあったり、

過労死が起きても仕方が無い状態。

そんな環境から、コタツは無事卒業を果たすことが出来たのです。

自分の職場がブラックだと感じたら…

コタツは僕に言っていました。

コタツ
コタツ
やっぱ法律は武器です!

・・・・と。

ニノマエイチ
ニノマエイチ
いや、法律は知ってても、うまくそれ使えない人いるだろー!

と思ったんですが、

コタツ
コタツ
どうせ辞める会社に気使うことないじゃないですか。

こういわれた時、妙に納得しました。

ようは、コタツの言ってることをまとめてみると、

法律は武器、その武器を扱う自分は容赦なく武器を使える心構えを持て

・・・という事になるんではないかなと。

ブラック企業に勤めてると感じたら、

あらゆる武器を使って、最善の方法で退職しましょう^^

コタツの場合は、「家族を守るため」という部分もあって、

決断に踏み切ったようです。

コタツの場合の退職方法

彼は、地方に異動を要請されました。

それをいったんは拒否したようです。

それが通らない事を上司に言われ、

その場で退職届を出しました。

前々から辞める事は考えていたようですが、

これをキッカケに、とうとう踏み切ったようです。

退職の豆知識

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

(民法627条1項)

この退職の豆知識を使って、今月末での退社になるようです。

ですが、実際は次の日から出勤はしていません。

有給休暇を消化することで、在籍期間を終わらすようです。

なので、形式上は今月末までの雇用ですが、

実際はその場で退職していったようなものになりました。

有給は、雇用期間内で使うもの

もし、有給が残っていたら、雇用期間内で消化してください。

雇用期間が切れてしまうと、有給の効果を無効化出来ます。

有給と、退職する期間を照らし合わせて、

コタツのように逃げましょう。

悪から逃げることは、恥ではありません。

大丈夫、人手不足だからすぐに職は見つかりますから。

ブラック企業に関係なく。

自分の人生は、自分が決める事が出来ます。

特に、心の中の問題は。

全てをうまくクリアにする負担を背負う必要はありません。

実現したいこと、それは時に誰かを敵にまわすことでもあります。

ただ、敵に回すことについて臆病になってはなりません。

武器も必要ですが、その前に、敵に回してでも状況を好転させる、

その決意が、必要になります。

ABOUT ME
ニノマエイチ
とあるフリーターさんの雑記ブログ管理人のニノマエイチです! 元々はソニートニュースというwebメディアでライターをしていました!・・・が、ある日予告なしに潰れてしまう事件勃発。試行錯誤の末、「まぁ自分で何かブログ書くか」という感じで立ち上げたのが、このブログです!