漫画

ジャンプ2019年5月6月の新連載4選!

どうも、 ぺんたろー(@snkazuwriter)です。

週間少年ジャンプで新作が4作、毎週連続新連載が開始ということで、

5月からはじまり、ついに4作全てが出揃いました。

【新連載4作品一覧】
サムライ8 八丸伝(5/13 24号より)
ふたりの太星(5/20 25号より)
ビーストチルドレン(5/27 26号より)
トーキョー忍スクワッド(6/3 27号より)

各作品を今回は少しずつ紹介して行こうと思います!

サムライ8 八丸伝

タイトルの通り、サムライの世界の話です。

しかし、SF要素が混ざっていて、従来のサムライとは少し違う感じがします。

主人公の八丸は病弱で、生命維持装置がないと生きることが出来ず、

外へ出たことがありません。

ゲーム三昧のひきこもりです。

ですが、八丸の将来の夢はサムライになること。

そして、ネタバレになってしまいますが、1話目でサムライになってしまいますw

物語が急展開というか、もうちょっと病弱のところを引っ張って欲しかった気もあります。

原作が岸本斉史で、ナルトの作者です。

ナルトの作者ということで、連載前から大々的に宣伝されていましたが、

まだ世界観や設定が難しいので、今後の展開次第で、大作になるかもしれません^^

ふたりの太星

ふたりの太星は将棋漫画です。

主人公が二人いる、というよりは、一人の主人公に二人の人格がある、という話です。

二人の人格は両極端で、昼間の人格の太(たい)はおとなしく、

夜の人格の星(せい)は活発な感じです。

どちらも将棋の才があります。

当然人間社会は昼間社会なので、普通の生活は太が担当をしています。

太は将棋の道を進めていて、令和の神童と呼ばれるほど、

将棋に長けていて、中学生でプロデビューをしそうな勢い。

そんな世界観で描かれています。

5chでもわりとふたりの太星は人気というか、

期待されているようです。

ビーストチルドレン

ビーストチルドレンはラグビーが舞台の漫画です。

主人公の獅子ヶ谷はラグビーの試合で、ミスタービーストと称される、

一樹雄虎(いつきおのとら)に強い憧れを抱きます。

「ぶつかるのがラグビーだからよ」

と教えた雄虎の言葉が気になって仕方ない獅子ヶ谷。

本気でぶつかるということに興味を持って、ラグビーの練習をしています。

見た感じでは体格はラグビー向けな体格ではなさそうな感じがしますが、

今後どうなるんでしょうね。

トーキョー忍スクワッド

舞台は2049年の東京。

グローバル化が進んだ近未来の東京は犯罪率が上昇しているようです。

そんな中、忍の価値が裏社会で再認知されてきた、という世界観です。

東京、忍、ではスクワッドとはなんでしょうか?

スクワッドは、忍を派遣する会社のようなくくりのようです。

主人公の鳴海仁はくせのある忍という感じで、他の忍とは性格がずれています。

お金のために動く、というのが忍であるにも関わらず、

鳴海仁はそういったものでは動かない、という感じです。

そんな中、ある事件に巻き込まれた少年を助けようとします。

その少年はお金が無いにも関わらず、鳴海仁は気に入ったようで、

バシバシと敵を倒していきます。

この少年を守っていくストーリーになっていくような雰囲気です^^

4作、個人的ランキング付け

僕が今回この4作でオススメランキングをつけるとすると、、、

1位 サムライ8 八丸伝

2位 ふたりの太星

3位 トーキョー忍スクワッド

4位 ビーストチルドレン

です!!

初回の話だけを見ると、ふたりの太星が一番面白方んですが、

今後の展開を考えると、まだ設定がすべて出揃ってないサムライ8かなと。

サムライ8ではすでに伏線らしき内容がちりばめられています。

かなり濃厚にストーリーを考えてるんではないでしょうか。

ネット上では、ふたりの太星の評価が高く、

サムライ8はつまらないという評価が多くありました。

トーキョー忍スクワッドに関しては、しょっぱなから政治的な話題が埋め込まれていて、

過度に反応する人も多く見受けられた感じです。

そんな中、ビーストチルドレンを4位とした理由は、、、

ぺんたろー
ぺんたろー
実は、ラグビー、あんま知らない。。w

ということで、どれも期待の4作です。

まだ始まったばかりなので、何か面白い漫画を探してるという方は、

この4作のどれかを読んでいってみるのもいいかもしれません!!

ABOUT ME
ニノマエイチ
とあるフリーターさんの雑記ブログ管理人のニノマエイチです! 元々はソニートニュースというwebメディアでライターをしていました!・・・が、ある日予告なしに潰れてしまう事件勃発。試行錯誤の末、「まぁ自分で何かブログ書くか」という感じで立ち上げたのが、このブログです!