私について

ウーバーイーツが人手不足を解消してる理由

どうも、 ぺんたろー(@snkazuwriter)です。

人手不足が日本では社会問題化してきていますね。

副業解禁だったり、終身雇用の崩壊だったり、人手不足倒産だったり、

国内の働き方がまさに、今までとは著しく変化しています。

「単に低賃金労働者不足なんじゃないの?」と言った声もあがり、

人と会社の信頼関係はまさに崩壊真っ只中。

ですが!!!そんな感じなのに、ウーバーイーツは人手不足が解消されてます。

(もちろん感覚的にですが。)

そこを掘り下げていこうと思います。

なぜ人手不足が起こるのか?

そもそも日本社会はなぜ人手不足が起こるのか?

安倍首相は、「アベノミクスにより、雇用が改善しており・・・」

的な説明を国会やメディアに向けてしており、

それを鵜呑みにする人は多々いますが、実はこれアベノミクスは関係ありません。

全く別の政権が与党だったとしても、人手不足は必ず起こる事だったわけです。

人手不足最大の原因は、、、、

人口減少よりも早いペースで、生産年齢人口が減少しているためです。

三橋貴明さんのブログから引用

生産年齢人口は、15歳から64歳未満の人たちのことをいいます。

まさに働き手。

働き手の人口が著しい減少をしている間、

人口減少はゆるやかな減少をしています。

人間は、65歳になったら死ぬワケではありません。

65歳になったら、生産年齢人口から卒業するわけです。でも生き続けます。

これはつまり、

働き手は著しく減ってるけど、購入者はゆるやかに減ってる、という事がわかります。

想像してみてください。

購入者はあまり減らないのに、働き手はどんどん減っていく、

これって働き手が少なくなる(人手不足になる)のは当然ですよね?

現在社会問題化している人手不足の主な原因は、こういった人口の変化によるためなのです。

本来の解決方法

人手不足が顕著になってきた場合、本来の解決方法は、

人手を確保するために、賃金を上げるということです。

A社が年収300万を保障し、

B社が年収600万を保障していた場合、

年収部分を見た場合、どちらが魅力的ですか?ということです。

そりゃみなさん600万のB社が気になると思います。

こういう形で、報酬を魅力的にして、限りある人手を確保するのが本来の解決方法です。

ですがわが国は、実質賃金の低迷も起こっております。

なので、企業は本来の解決方法ではない解決方法を模索しているはずです。

そこで出てきたのが、外国人を雇う方法です。

本来の解決方法でいけば、我々日本人の給与は上がっていくはずでした。

が、外国人労働者をそこに入れることで、生産年齢人口とか関係なくなるんですね。

「人手に困れば、外国人を雇えばいい」

ということになれば、賃金上昇の圧力が止まっちゃうワケです。

これをやってしまっている安倍政権は愚策です。

なので、なかなか賃金が上がらない、だけど仕事量は増え続ける、

こういった現象が起こっています。

人手不足倒産が増えてきている

とはいえ、人を高賃で確保できないような会社は、

人手不足倒産となり、消えていってしまいます。

人手不足倒産を回避するために、やはり外国人が必要じゃないか!!!

といった話もあるかもしれませんが、そうではありません。

人手不足倒産を回避するためには、商品の値段を上げる必要があります。

ようは、商品の値段を上げて、雇用するための金をそこでまかなう必要があります。

・・・そんなことしたら、客が全然来なくなるじゃないか!!!

って、なりますよね。

そうです。こなくなります。

結局それで売上が減ってしまった、なんてこともありうるわけです。

なぜでしょうか。

それはデフレだからです。

デフレの状態では、購入者はより安いものを目当てに消費活動をします。

そう、つまり経営者は、人手不足を回避するための王道、

賃金を上げる事、そしてその賃金をまかなうために商品の値段を上げること、

これが出来ない、にっちもさっちもいかない状態だから、倒産してしまうのです。

それが出来ない理由は、デフレだから、という事になります。

そんな中、ウーバーイーツは人手不足解消中

ぺんたろー自身、ウーバーイーツの配達員をしております。

去年やっていた時と今で感じる違いは、

配達件数などの変化が感じられます。

去年のほうが注文数が多かった気がします。

今は、注文数が減ったのかな?と感じています。

それは単純にお客さんが減ってるのか、それとも配達員が過剰になっているのか、

どちらかわかりませんが、どちらも起こってる可能性もあります。

そう考えると、いいか悪いかは別にして、

ウーバーイーツは着実に人手不足解消に向かってるのではないでしょうか?

今でもウーバーイーツ配達員へ登録する人は日々います。

どうしてそうなるのでしょうか?

ウーバーイーツが人手不足を解消しつつある理由は、賃金の変化ではありません。

その理由は、今までとは違った働き方にあるのかなと思われます。

ウーバーイーツのメリットの一つは、「好きな時に働ける」という事です。

裏を返せば、「やめたければすぐにやめれる事」でもあります。

そういった精神的な圧力などが少なくなることに魅力を感じてる人は多いと思います。

でもよく考えてください

ウーバーイーツには保障がほとんどありません。

もちろんボーナスもありませんし、固定報酬もありません。

完全出来高制になっています。

精神的な圧力が減る一方で、働き方に関してはシビアになります。

ですので、今からウーバーイーツ配達員の専業として働こうと思ってる人には、

オススメしません。

だって、将来稼いでいけるとは限らないので。

副業として、気楽にやるのが一番です。

まとめ

人手不足の中、その解決の道をある種示してくれたウーバーイーツ。

ですが、本来はそういう解決方法ではなく、王道を行くべきでしょう。

賃金上昇。そのためのインフレを政府が起こしていく事。

これが重要だと思います。

ウーバーイーツは単なる救済的な働き方です。

もし、ウーバーイーツに興味がある人は、ご連絡ください^^

ABOUT ME
ニノマエイチ
とあるフリーターさんの雑記ブログ管理人のニノマエイチです! 元々はソニートニュースというwebメディアでライターをしていました!・・・が、ある日予告なしに潰れてしまう事件勃発。試行錯誤の末、「まぁ自分で何かブログ書くか」という感じで立ち上げたのが、このブログです!