考え事

「情熱的な人」の特徴

どうも、かず(@kazuwriter)です!

ふと、思いました。

情熱的な人ってどんな人なのか?

いや、本当にふと思ったことなんですが、いろいろ自分なりに考えて、

結論が出たので、つらつら書いて行こうと思います。

情熱的な人ってネットで調べてみた

まずは調べようと思って検索をかけてみました。

それで、目に留まったのがコチラの記事。

>>ワクワクを信じて生きる。情熱的な人「10の特徴」<<

コチラの記事は、検索結果が上位表示されていたのと、

他のサイトの記事でも似たようなことが書かれていたので、

一応代表として、拝借。

「10の特徴」とあるように、コチラの記事では、

情熱的な人の10個の特徴が書かれています。

以下引用。

01. 早起きをして 1日をポジティブに迎える
02. 熱い気持ちを忘れない
03. ワクワクすることが多い
04. 感情の起伏が激しい
05. 大きな賭けに出られる
06. はっきりした価値観
07. 自分の周りは仕事だらけ
08. 計画の話が止まらない
09. 全力で邁進するか 完全に停止
10. 未来には つねに前向き

という事だそうです!!

で、超個人的にこの10個に当てはまる人の職業ってなんだろって思って

考えてみたのです。

そしたらなんと!!!

すごいことに!!!

「「スロプロやパチプロの人たちなんじゃね・・・?」」

という結論になってしまったんです!!!

・・・・・・。

おかしい!!!なんか違う!!そうじゃない!!!

なので、自分で「情熱的な人とはなんぞや」と考えてみることにしました。

行動的な人全てが、情熱的な人「ではない」

他にもネットでは、

行動的な人=情熱的な人

みたいな書かれ方も見受けられました。

「いや、ちげーだろ」って個人的に浮かんだので、

否定していきたいと思います。

まず、行動っていうのは普通の人でもするからです。

学校の受験を例にします。

中学生だとしたら、高校受験が人生の岐路として一つ試されるものになります。

その時に僕は3種の人間に分類しました。

1.脱落人

2.普通人

3.情熱人

です。

それぞれの進学への考え方と行動を以下、書いていきます。

【脱落人の場合】

考え方:高校行くの無理、というか通う気もない、通える自信もない

行動:「受験しない」

【普通人の場合】

考え方:高校行くのめんどくさ、まぁ行くしかないか、周りがみんな行くしとりあえず行こ

行動:「受験する」

【情熱人の場合】

考え方:よっしゃ高校いったるわ!!

行動:「受験する」

上記が、僕が分類した3種の人間の考え方と行動です。(完全一致というわけじゃないけど)

で、ここで注目してほしいのが、

普通人と情熱人、同じ行動をしてるんです・・・!!

もう一つ段階を上げてみます。

次は、高校卒業後の進路の事を例にしてみます。

【脱落人の場合】

考え方:大学行きたくもないし、就職もしたくもないし、やれてバイトくらい?

行動:「受験なし、就職なし、何もしない方向へ」

【普通人の場合】

考え方:進路どうしよー。周りは大学進学するし、就職するし、とりあえずこの二択かな。

行動:「受験するもしくは就職する」

【情熱人の場合】

考え方:よっしゃ受験する!!よっしゃ就職する!!

行動:「受験するもしくは就職する」

・・・・という感じで高校卒業後の進路についてまとめてみた結果、

これまた、普通人と情熱人って、

「「同じ行動に行き着いてるやないかーい!!!」」

というのが僕の見解になりました。

よって、行動的な人=情熱的な人 というのは、

あまりにも安直的な考え方なんじゃないかなあ、という考えに達しました。

情熱的な人を考える前に、普通人が何者か考えてみた

情熱的な人って言っても、すぐに答えが出なそうだったので、

次に僕は、「普通人とはなんぞや」って考えてみました。

世の大半の人は普通人な感じがします。

で、んー、あー、んー、と悩んだ結果、一つ見解が出ました。

「「普通人=惰性的な人」」

よくよく考えてみれば、人間って、生まれた瞬間から惰性が始まるんですね。

(海外の環境は知らないので、日本の一般的な成長の過程をとってます)

まず生まれます。

なんだかわけわからずに、幼稚園、保育園に通います。

よくわからずに小学校に入学し、卒業します。

それで、中学生になり、ここらへんで早く気づく人は気づきます。

何も気づかない人は、今までの人生通り、惰性を突き進みます。

なので、高校選択の時も、

「なんか高校だるいしめんどくさいけど、まぁ行くか、みんな行くし」

くらいの考えで高校に進むわけです。

高校選択、これって一番初めに「情熱人」か「普通人」かを、

強制的に見分けることが出来るシステムなんじゃないかな?と思います。

何ら気づきがない人は普通人(惰性的)のまま高校へ。

何かしら情熱がある人は情熱人に成長して高校へ。

こんな感じのイメージ。

で、高校でなんやかんやありながら、今度は高校卒業後の進路にぶち当たります。

今の時代は誰でも大学に行けるような時代なので、

ここでも普通人は、「あーみんな大学行くし、自分もそうするか」とか

「んーうちの学校進学率よくないし、みんな就職するから、自分もとりあえずそうするか」とか

ここでも惰性的な考え方から抜け出せない人は、

惰性的に卒業後の進路を決めます。

惰性的であることが嫌で、情熱的にも成りえない人は、脱落人と化すワケです。

・・・・というような感じで、

普通人=惰性的な人である!!

という見解になりました。

じゃあ情熱人ってどんな人?

普通人=惰性的な人

という事が見えてきたので、次に情熱人が何なのかを考えてみました。

そもそもここまでの事をまとめると、

・普通人と情熱人では「行動」では大きな差は特にない

・普通人=惰性的な人

・・・ということは、情熱人は、普通人(惰性的)ではない人となります。

圧倒的な違いは、行動ではなく、心の持ち方の差なのかなと。

それを踏まえたうえで、情熱人は何者なのか、一つ見解が出せました。

「「情熱的な人=プライドがある人」」

普通人(惰性的)と情熱人(プライド持ってる人)には、

行動的な差はさほどない。

でも世界観が圧倒的に違います。

普通人は惰性的であるので、世界(周り)の流れにとりあえず乗ります。

=結構受身な感じ。

情熱人はプライドがあるので、世界(周り)の流れではなく、自分が世界を作ります。

=結構積極的な感じ。

出ちゃいました!!結論が!!

情熱人の魅力

情熱人がどのような人か、ハッキリとわかってない人でも、

圧倒的な情熱人を目の当たりにしたときに、

無意識に、「「あ、この人はすごい人」」って、

感覚的につかめると思うんですね。

言葉で表せにくくても。

子供でも察知できるんじゃないですか?

今の世の中、普通人ごときが「「教師」」をやれちゃうわけで、

それって、情熱人の教師と同じことを教えてても、

圧倒的に差が出ちゃうとおもうんですよ。

たとえ行動が普通人と情熱人が一緒だとしても、

にじみでるんですよ・・。オーラというか。雰囲気が。

情熱人とあつかましい人の違い

情熱人っぽく振舞ってる人ってたまにいます。

「熱血」とか「根性」とか、明らかにそれ、

「「ファッション的な感覚でやってるだろ?」」

ていうような人ってよくいます。

こういうのは、情熱人ではなく、あつかましい人です。

情熱人はプライドがあります。

なので、自分で世界を作ろうとします。

ですが、それはプライドがある限り、「人に強制しようとはしません」。

あつかましい人は、プライドもどきを持ち合わせてます。

なので、自分で世界を作ろうとします。

そしてその世界観を、「他者にも強要しようとします。」

これが、情熱人とあつかましい人の差なのではないかな?と思いました。

まぁ、本当の情熱人でしたら、饒舌を振りかざさなくても、

にじみでるんで・・・。オーラが・・・。

わかる人にはわかるはずですよね。。

ということで!!!

超個人的な見解ですが、情熱人はこういう結論になりました!!

ここまで読んでくれてありがとうございます。

・・・・ちなみに、僕は、脱落人と普通人の間くらいの人間なのかな・・。

ABOUT ME
ニノマエイチ
とあるフリーターさんの雑記ブログ管理人のニノマエイチです! 元々はソニートニュースというwebメディアでライターをしていました!・・・が、ある日予告なしに潰れてしまう事件勃発。試行錯誤の末、「まぁ自分で何かブログ書くか」という感じで立ち上げたのが、このブログです!