一言言わせてください

「○○pay現象」について一言言わせてください!

どうも、かず (@kazuwriter)です!

最近「○○pay」がすごい流行ってますね!

paypay、Linepay、他にも林家payとかなんちゃらかんちゃら・・・。

今後は、aupay、7pay、とか他にもいろいろなキャッシュレス化が

流行っていく兆しのようです。

ちなみにかずのオススメは、Linepayです!

キャッシュレス化の流れは当然の流れ!!

キャッシュレス化の流れとして、いろんなpayが出来上がっていくのは、

必然であり、いい事でもあると思います!!

利便性good

なんか近未来感good

割り勘とかも1円単位で出来ますし。

かなりの需要があるんでしょう!!

素晴らしいこと、この上なし!!

・・・でも、今回は言いたいことがあります。

それは、「○○pay現象」について、根幹を揺るがす名称問題。

これから書くことは事実です。信じるか信じないかは、あなた次第・・・。

これ以下、衝撃的なpay誕生物語

そもそも「○○pay」は僕と身内で使ってた言葉でした。

それは僕がとあるバイト先で働いていたころに、ぺいぺいぺいぺい、だけで会話するという、

摩訶不思議な伝達手段を使っていたワケです。

「おーぺい?」

「イェス、ぺい!」

「ぺいしといて!」

「あいつが、ぺいしてたんで~、なんちゃらかんちゃら」

こういう感じで、payを日常的に使っていました。

「「どういう意味?」」

と思われる方が9割だと思います。

自分でも意味はわかってません。もちろん相手も。

・・・それでもなぜか、「ぺい」というだけで、意味が相手に伝わってました。

(恐ろしいことに本当です。マジで。。)

これが、pay誕生の瞬間です。

その後、意味のあるpayに進化していく。

元々は、バイト内で使っていた言語。

その発信源は僕です。

それをなぜか、僕は バイト外 でも使うようになります。

とあるライングループにて。

友人内の会話にて。

比較的に気のおける人に、使い始めました。

(あまり距離感がある人に使うと、変な人だと思われそうだったので・・・)

で、馴染んでいく過程で、ついにぺいの意味が確立していったわけです。

【ぺいの使用例】

パターン1 「○○ぺい」

○○のところには、誰かの名前を入れます。

青木ぺい だとしたら、 青木さんのおごり

高橋ぺい だとしたら、 高橋さんのおごり

こんな感じで、「○○(名前)の人のおごり」という意味で、

「○○ぺい」は普及していきました。

パターン2 「全ぺい」

全ぺいとは、「今日は全部(はしごするお店含めて)おごり」という意味です。

例えば、青木全ぺい だとしたら、 青木さんが今日の財務省。

高橋全ぺいだとしたら(以下省略)

・・・・という具合です。

パターン3 「ありぺい?」

これは、今日はおごってくれるのありですか??という意味です。

返事は「おkぺい」です。

「おkぺい」と言われたら「ありあり~~!!」って言って盛り上げてあげましょう。

おごってくれる人の気分が当然、爆アゲになります。

・・・このように、payには意味が込められて使われていたのです。

paypayの発表で驚愕!!

2018年年末、paypayのサービスが発表され、始動していきました。

その時僕は呆然となりました。

「「やられた・・・!!」」

そんな気持ちになったのは否めません。

でも、超いいサービスなので使わせてもらいました。

ありがとうございます。

ただ、僕はLINEpayが今は一番合ってるのかなー?ということで、

LINEpayを使う生活にしています。

一言、言わせてください

「「初代payは俺らのものだ!!!」」

ABOUT ME
ニノマエイチ
とあるフリーターさんの雑記ブログ管理人のニノマエイチです! 元々はソニートニュースというwebメディアでライターをしていました!・・・が、ある日予告なしに潰れてしまう事件勃発。試行錯誤の末、「まぁ自分で何かブログ書くか」という感じで立ち上げたのが、このブログです!